Japan Aquatic Products Export Council

| 日本語 | English |

水産物・水産加工品輸出拡大協議会

2016年度、水産物・水産加工品の輸出拡大に向けた海外マーケット調査

2017年5月22日

2016年度、水産物・水産加工品の輸出拡大に向けた海外市場調査結果を発表

次なる市場として有望な台湾、中国上海、深せん、香港、メキシコ向け輸出戦略を策定

輸出拡大協議会は、農林水産省が公表した「農林水産物・食品の国別・品目別輸出戦略」の達成に向けて設立された団体であり、本調査は、輸出拡大協議会の会員である国内水産物取扱企業各社が、輸出拡大を進めるにあたって指針となる情報を提供することを目的として実施されたものです。

 

本調査の実施にあたっては、輸出拡大協議会での協議を経て、高付加価値水産物・水産加工品の消費状況やニーズを踏まえて台湾、中国上海、深せん、香港、メキシコを次なる有望市場と設定しました。アクセンチュアと輸出拡大協議会では、それぞれの国に関して①水産物・水産加工品ニーズと市場動向、②流通構造と販売形態、および③効果的なプロモーション方法について調査し、輸出拡大に向けた提言を取りまとめました。

 

 

調査報告書のダウンロードはこちらから(PDFファイル32MB)

 

 

 

マーケット調査ファイルは、PDFファイルで作られています。

 ArobatReaderをお持ちでない方は上のバナーをクリックしてインストールしてください。

 

 

各国の調査結果の概略

 

■イギリス

 

水産物・水産加工品輸出拡大協議会について

平成27年2月23日に水産物の輸出を促進するための全国団体として発足しました。

平成28年2月1日現在の会員数は下記9団体です。

(一社)大日本水産会、全国漁業協同組合連合会、(一社)全国海水養魚協会、

全国水産加工業協同組合連合会、全国蒲鉾水産加工業協同組合連合会、(一社)全国養殖魚輸出振興協議会、(一社)日本真珠振興会、全日本錦鯉振興会、北海道漁業協同組合連合会

本協議会が取り組む大きな4つの課題は

1.国内検討会等の開催

2.海外マーケット調査の実施

3.海外への日本産品PR

4.輸出環境課題の解決に向けた取り組み

となっており、各会員団体協力のもと課題に取り組んでいます。

 

アクセンチュアについて

アクセンチュアは「ストラテジー」「コンサルティング」「デジタル」「テクノロジー」「オペレーションズ」の5つの領域で幅広いサービスとソリューションを提供する世界最大級の総合コンサルティング企業です。豊富な経験、および世界最大の規模を誇るデリバリーネットワークに裏打ちされた、40を超す業界とあらゆる業務に対応できる専門スキルなどの強みを生かし、ビジネスとテクノロジーを融合させて、お客様のハイパフォーマンス実現と、持続可能な価値創出を支援しています。世界120カ国以上のお客様にサービスを提供する35万8,000人以上の社員が、イノベーションの創出と世界中の人々のより豊かな生活の実現に向けた取り組みを行っています。

アクセンチュアの詳細はwww.accenture.comを、

アクセンチュア株式会社の詳細はwww.accenture.com/jp をご覧ください。

 

【報道関係の方のお問い合わせ先】

水産物・水産加工品輸出拡大協議会

(一般社団法人大日本水産会 内) 今野、平井、手塚

TEL:03-3585-6985

FAX:03-3582-2337

Email: konno@suisankai.or.jp

 

アクセンチュア株式会社

マーケティング・コミュニケーション部 神田

TEL: 045-330-7157(部門代表)

Email: kentaro.kanda@accenture.com

 

水産物・水産加工品輸出拡大協議会(一般社団法人大日本水産会 内)

〒107-0052 東京都港区赤坂1丁目9番13号 三会堂ビル8階

TEL:03-3585-3585 / FAX:03-3582-2337

Copyright©2016 Japan Seafood Export Promotion Association All Rights Reserved.